★徒競走で速く走るコツ


今週末は、息子の小学校運動会。

2年生になって初めてリレー選手にに選ばれ、

大喜びの息子が「早く走る走り方を教えて欲しい」と言われ日曜日は公園で練習でした。

運動会まで1週間しかないし、ひとまずスタート練習。

子供って、「用意」の姿勢ときに手足一緒になっちゃいますよね。

わが子も同様です。手足を一緒にならないようにと考えると頭が混乱してしまう様子(汗)

そんな訳で、息子には「スタートでは両手を前でブラーンと下げる」

明日のジョーのノーガード戦法方式をお勧めしました。

スタートで足を踏み出せば、反動で腕は自然と振れるし

スタートの時点で無駄な力みが入らない事でスムーズにスタートできます。

そして、体を倒して、倒れかけたときに足を前に踏み出す練習を何度もやって

体重を軸足に乗せてからスタートする感覚を覚えさせてみると・・・

最初にフォームチェックがてら公園内の直線距離(30~40mくらい)を走って計測してみたら8.7秒でしたが

最後に計ったらタイムが1秒近く縮んでました!

息子もタイムが縮んだ事で手ごたえを掴んだ様子。

帰宅後はフォームを修正する為に腕振り練習にも取り組んでおりました。

これから運動会を控えているお子様のパパやママ、「早く走る方法」参考にしてみてください。

私も、父兄参加競技で走ることを想定して

子供と一緒に、30mダッシュを数本やって足パンパン💦でしたが

本日、子どもが持参した手紙には、今年の父兄参加競技は綱引きと書いてありましたとさ(涙)

綱引きに備えて、スクワットガンバロー

0コメント

  • 1000 / 1000