強みとは

「強み」とは、つまり人の本質の部分です。

しかし自分で気づいている人はほとんどおらず、100人中3人くらいの人だけでしょう。つまり3%くらいの人は自分の本質を知っていて、その活かし方も知っているのです。

「らしさ」や「持ち味」は相手が感じるものなので、自分では非常に気付きにくいのです!

だから世の中で100人中3人くらいしか自分の強みに気づいていません。残り3%の人は、自分の「強み」を知っているから活躍しています。

3%の人は特別な人ではありません。みんな普通、もしくは普通以下の能力だったのです。

ではなぜ多くの人は自分の強みに気づかないのでしょうか?

それは相手に良いところを見せたいという心理が働くからです。

自分の強みが分かったからといって、1ヶ月で1,000万稼げるとかすぐに効果が出るということでは

ありません。当協会で得た気づきを基に、失敗しながら行動をしていくと、周りが自分に近づいてき

ます。

私たちは嘘、誇張をすることは致しませんが、今までの成果から多くの方が成長・変化を実感し、

実際の仕事でも結果が出るようになったと声をいただいています。